脱毛ラボの家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」の効果や価格、最安値サイト比較

脱毛ラボが販売した家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」の価格、ケノンと比較

脱毛ラボが販売している家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディション

  • 業務用のパワーで家で脱毛
  • 全身脱毛300回分可能
  • 脱毛部分を冷やさないで使用可能
  • VIOを含めた25パーツ脱毛できる
  • 脱毛ラボが販売しているから安心

他の家庭用脱毛器を見るとVIOで使えるかどうかはにごしている脱毛器が多いです。

 

比べて、脱毛ラボホームエディションはしっかり「VIOでも使えます!」と書かれているので安心して利用できる!思ったのが決め手でした。

 

脱毛ラボホームエディションはどんな脱毛器なのか、購入する前に気になる情報をまとめました。

 

\VIO脱毛可能!月々2,708円で使える!/

脱毛ラボホームエディション

 

 

 

脱毛ラボホームエディションをお得に購入できる販売店や、なぜ脱毛する箇所を冷やさないで脱毛できるのかなど、脱毛ラボホームエディションについて詳しく紹介します!


脱毛ラボホームエディションの価格は楽天市場、アマゾン、ヨドバシカメラと価格は同じ、でも特典が公式サイトがお得

買い物をする女性

楽天市場 本体価格は均一で70178円
アマゾン
ヨドバシカメラ
公式キャンペーンサイト

楽天市場やアマゾン、脱毛ラボホームエディション公式サイトで本体価格を調べました。

 

どのサイトでも本体価格は70,178円で割引はありませんでした。

 

ただ、販売サイトによって特典の内容が違っていて公式キャンペーンサイトが一番多くの特典がついていました。

 

こちらの記事で脱毛ラボホームエディションの最安値は特典が多いサイトはどこなのかを調べました。

 

 

特典の内容

楽天市場

BBUVジェル
ポーチバック
※使用後のレビュー記入が必須

公式キャンペーンサイト
  • 全身ジェルウォーター
  • 脱毛クリーム
  • 顔用シェーダー
  • 脱毛ラボで使える無料エステ券

 

アマゾンとヨドバシカメラは脱毛ラボホームエディション本体だけの販売で特典はありません。

 

比べて楽天市場脱毛ラボホームエディション公式キャンペーンサイトでは特典がついていました。

 

また、楽天市場と脱毛ラボホームエディション公式サイトでは特典の内容が違っていていました

 

楽天市場では特典をもらうためにレビューが必須で、特典内容も脱毛に関係ない特典でしたが、脱毛ラボホームエディション公式サイトではジェルやシェーバー、しかも、脱毛ラボで使える無料エステ券がついてくるのはすごくうれしいです。

 

自分でてきない背中だけ脱毛ラボで脱毛してもらう!なんて使い方ができちゃいます!

 

なので、個人的な感想としては同じ値段を出して脱毛ラボホームエディションを購入するなら公式サイトがお得だと思います。

 

脱毛ラボ公式サイトからの購入なら12480円相当がプレゼント

バラと花束

脱毛ラボ公式限定特典内容
  • 全身ジェルウォーター
  • 脱毛クリーム
  • 顔用シェーバー
  • 脱毛ラボで使える無料エステ券

※タイミングによっては特典内容が変わっているので詳細は公式サイトで確認してみてください。

 

特典を金額にしたら12,480円相当らしいです。

 

脱毛ラボホームエディション本体価格が70,178円ということを考えると、実質57,698円で購入できることになりますね。

 

しかも、分割月々2,708円で購入することもできるのでサロンで全身脱毛するより明らかに安い価格で家で全身脱毛ができてしまいます!

脱毛ラボホームエディションのスペック

脱毛ラボホームエディションのスペック

製品名 脱毛ラボホームエディション
サイズ 本体サイズ:49.85×171.4×76mm 重量277g(カバンに入って余裕があるサイズ)
セット内容 本体、ゴーグル、電源アダプター、取り扱い説明書、保証書
お問い合わせ先 TEL 0120-116-815 受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

 

 

アフターサービス内容

保証について 保証書は「お買い上げ日」等の記入をご確認のうえ、内容をよくお確かめになって大切に保管してください。保証期間は、お買い上げ日より1年になります。
修理を依頼される前に 修理を依頼される前に、この取扱説明書をよくお読みいただき再度ご点検のうえ、異常がある場合、お買い上げの販売店または発売元までご連絡ください。
故障した場合の連絡先 お問い合わせ先からご連絡ください。

脱毛ラボホームエディションならVIOも脱毛可能

脱毛エステサロン

脱毛ラボホームエディションVIOで使える珍しい家庭用脱毛器になっています。

 

ふつうだとデリケートな部分であるVIOは脱毛を推奨していない脱毛器がほとんど。

 

ケノンの説明書を見ると脱毛できる箇所にVIOと胸は脱毛できる箇所として記載していません

 

>>参考ーケノンの説明書

 

ケノンを使っている方のブログを見るとVの脱毛をケノンでしているという方の口コミを見ることが多いです。なので、ケノンでもVの脱毛はできますが、何かあった時の補償がないということなんですね。

 

比べて脱毛ラボホームエディションは全身脱毛に合わせてVIOもできると記載があります

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる箇所

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる箇所-01

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる箇所-02

 

脱毛ラボホームエディション脱毛サロンが開発した脱毛器なので安心してVIOも脱毛できるんですね。

 

こちらの記事で脱毛ラボホームエディションのVIO脱毛について詳しく紹介しています。脱毛ラボホームエディションでVIOをどのように脱毛するのか、そもそもVIOを脱毛できるのか!気になる方は読んでみてください!

 

脱毛ラボホームエディションなら月々2780円

リゾート地の浜辺でくつろぐ女性

脱毛ラボの販売価格は70,178円で約10万円近い価格。

 

でも、分割で買うことも可能。

 

分割購入の内容

月々の支払金額 月々2,780円
支払い回数 24回

※税別、手数料別途

支払い方法は一括か分割が選べるから無理なく始められる

脱毛ラボホームエディションの価格だけ見ると高いと思ってしまいます。

 

ただ、脱毛エステ全身脱毛を受けようと思うと10万円~15万円くらいで10回くらいしかできないです。分割にすると月々5000円~1万円くらい。

 

ただ、脱毛ラボホームエディションなら月々2708円の支払いで全身脱毛が約300回できる。

 

脱毛したいけどエステにまで行く時間がない、手軽に全身脱毛をしたい!そんな方には脱毛ラボホームエディションは打ってつけだと思います!

脱毛ラボホームエディションの使い方

脱毛ラボホームエディションの使い方はこちらの動画で紹介しています。

 

使い方

脱毛したい箇所に充てると自動的にフラッシュして脱毛可能。脱毛箇所を事前に冷やす必要はなし。

 

脱毛ラボホームエディションの使い方はすごく簡単。

 

脱毛したい箇所に当てるだけで自動的にフラッシュして脱毛することができます。

 

一番の特徴は脱毛する箇所を冷やす必要がない

多くの家庭用脱毛器は脱毛時の痛みを減らすために照射直後に冷やすことがオススメされています。

 

少しめんどくさいですよね。

 

比べて脱毛ラボホームエディションは脱毛しながら冷やす冷却クーリング機能付き

脱毛ラボホームエディションの冷却機能

 

脱毛しながらマイナス5度で脱毛箇所を冷やしながら脱毛してくれるのでお手軽に脱毛可能なんです。

 

地味に便利でした。

脱毛ラボホームエディションでメリット、デメリット

考える女性

脱毛ラボホームエディションのメリット、デメリットはこのようなことかなと思いました。

 

デメリット

デメリットはこのようなことを思いました。

カードリッジが交換できない

脱毛ラボホームエディションのカードリッジは交換できないので照射回数が終わったら終わり。

 

半永久的に使うことを考えるとカードリッジは効果できたらいいかな~と思ったりしました

 

脱毛している姿が恥ずかしい

脱毛サロンで施術してもらうならカンタンな話、寝ているだけでいつの間にか終わります。

 

脱毛からスキンケアまですべてお任せでOK。

 

だた、家庭用脱毛器だとすべての箇所の脱毛をすべて自分でしないといけません。

 

もちろんVIOの脱毛もすべて自分。脱毛している姿を誰かに見せるわけではないですが、なんか恥ずかしいですよね。

 

メリット

メリットはこんなポイントだと思います。

業務用のパワーがある

 

家庭用に販売されている脱毛器のほとんどが、業務用よりパワーを落として販売されています。

 

表向きは安全性のためと言っていますが、脱毛器を販売する会社からしたらもっと早く脱毛したいなら脱毛エステに行ってね!というのも狙いかも。

 

比べて、脱毛ラボホームエディション脱毛パワーは業務用レベル

 

脱毛ラボホームエディションの脱毛パワーは業務用レベル

 

具体的にどのサロンと同じとは書かれていませんでしたが、もしかしたら脱毛ラボと同等のパワーかも。

 

全身脱毛300回分

 

脱毛ラボは使いきったら終わりとはいえ、全身脱毛する回数に置き換えると約300回できます。

 

10回全身脱毛するとしたら必要な料金は10~20万円くらい。

 

脱毛ラボホームエディションは使い切りとは言え、全身脱毛を完璧にしたいなら5~10回くらいで終わることがほとんど。

 

そう思うと7万円で全身脱毛が300回できる脱毛ラボホームエディションはコスパがいいと思いますし、脱毛エステの予約日を気にしないで脱毛できるので早く全身脱毛を終わらせられるのでは?と思ってます。

 

VIO脱毛が家でできる

何よりうれしいのがVIOが家で脱毛できること!

 

サロンでVIOをするのはなんか恥ずかしい、剃って脱毛するのはちょっと。

 

多くの脱毛器がVIOの脱毛に使うことを推奨していない中、脱毛ラボホームエディション公式的にVIOに使えます!と言っている数少ない脱毛器です。

 

購入前に気になるQ&A

パソコンで調べものする女性

脱毛ラボホームエディションの購入を考えている方が多く悩んでいるQ&Aを紹介。

 

VIOは使える?

脱毛ラボホームエディションは公式サイトに書いてある通りVIO脱毛にも使える脱毛器

 

他の脱毛器を買う時見たいに「この脱毛器はVIOで使えるのかな?」と調べる必要は一切ありません。

 

カードリッジは交換できる?

カードリッジは交換不要なので、カードリッジを無くす心配は一切ありません。

 

全身脱毛の回数も約300回できるので、全身脱毛が終わらないのでは?と心配になる必要もありません。

 

ほぼ半永久的に使えると思っていいかもしれません。

 

故障、不良品の場合の補償は?

 

本体の保証はお買い上げから1年間は保証。

 

保証期間を過ぎてしまっても修理対応をしてくれますので安心して使えます。

ケノンと脱毛ラボホームエディションの違い

家庭用脱毛器の購入を考えると、購入することを考えるのがケノンだと思います。

 

家庭用脱毛器だと有名なので1度は聞きますよね。

 

ケノンと脱毛ラボホームエディションだと、どのような違いがあるか比較してみました。

 

脱毛できる箇所

 

脱毛ラボホームエディション 25か所
ケノン 10か所

 

脱毛できる箇所は取り扱い説明書を見て確認しました。

 

ネットを見るとケノンの口コミを多く見ることができるのでケノンのほうが脱毛できる箇所が多いのかな?と思ったら脱毛ラボホームエディションのほうが脱毛できる箇所が多かったです。

 

価格

脱毛ラボホームエディション 70178円
ケノン 98000円

 

本体の定価価格は脱毛ラボホームエディションのほうが安かったです。

 

販売しているサイトによっては販売店独自の割引もしている可能性もあるので上下するかと思いますが、定価だけ見ても脱毛ラボホームエディションのほうが安いのかな?と思いました。

 

販売してるのが脱毛エステサロン

 

ケノンを販売しているのが一般企業に対して、脱毛ラボホームエディションを販売しているのは脱毛エステサロンが販売しています。

 

脱毛ラボが販売しているので、なにか安心感がありますね。

 

脱毛ラボの家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」の効果や価格

浜辺でくつろぐ女性

ネットで口コミを見るとケノンの口コミが多いので、脱毛器といえばケノンなのかな?と思ってました。

 

ただ、脱毛ラボホームエディションも同じ脱毛器ですので、ケノンと同じ効果を期待できます。

 

何より脱毛サロンが販売しているという実績もあります。

 

VIOを脱毛したい、業務用レベルの家庭用脱毛器が欲しい。

 

そんな方には脱毛ラボホームエディションはオススメです。

 

こちらから詳しく見れるので、買う買わない関係なしにして気になった方は見てみてください。

 

\キャンペーンサイト限定特典付き/

脱毛ラボホームエディション

page top