脱毛ラボ家庭用脱毛器ならVIO脱毛可能!購入はこちら

脱毛ラボホームエディションならVIOの脱毛が可能!詳細情報

脱毛ラボが販売した家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション

 

全身脱毛が1台できるだけでなくVIOも脱毛できる数少ない家庭用脱毛器。

脱毛ラボホームエディションはVIOも脱毛可能

 

脱毛ラボホームエディションで全身のどこを脱毛できるのか、脱毛ラボホームエディションの詳しい使い方やVIOの脱毛の仕方を詳しく調べました。

 

\限定!キャンペーンサイトなら脱毛ラボで使える無料エステ券付き!/

脱毛ラボホームエディション

 

脱毛ラボホームエディションはVIOを含む全身25か所脱毛可能

多くの家庭用脱毛器がVIOの脱毛にはオススメしていない中、脱毛ラボが販売する家庭用脱毛器「脱毛ラボホームエディション」はVIOに使える数少ない家庭用脱毛器

 

安心して使うことができます!

 

脱毛ラボが対応している脱毛箇所

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる箇所-01

 

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる箇所-02

 

両腕や両足はもちろん、おでこやこめかみ、小鼻にも対応。

 

そして、Vライン、V上だけでなく、OラインIラインにも使えると書かれています。

 

脱毛できる箇所を見るとほぼほぼ脱毛サロンと同じ箇所が脱毛ラボホームエディションで脱毛できてしまいます。

 

自分でVIOをするのは少し恥ずかしいですが(笑)家ですぐにVIOを脱毛できるのはすごい脱毛ラボホームエディションの強みの1つ。

 

VIOの脱毛の使い方は肌に当てるだけでOK

 

脱毛ラボホームエディションでVIOを脱毛する仕方は腕や足を脱毛する時と同じ方法で使用します。

 

脱毛ラボホームエディションの使い方

 

脱毛したい箇所に脱毛ラボホームエディションを当ててピカッとする。

 

これだけでOK。

 

VIOは目視だとわかりづらいので、置き鏡で見ながらすると脱毛しやすいです。

 

姿を考えると恥ずかしいですが、1人でするので関係ない!何より家でVIOを脱毛できるというのは大きいです。

ケノンと脱毛ラボホームエディションの違い

浜辺で寝そべる女性

脱毛ラボホームエディションの購入を考える上で比較することが多いのがケノン。私も脱毛ラボホームエディションとケノンは比較しました。

 

VIO脱毛をする上で脱毛ラボホームエディションとケノンはこのような違いがあります。

 

VIOを脱毛できる範囲

脱毛ラボホームエディション VIOすべて脱毛可能
ケノン Vのみ脱毛可能

 

脱毛ラボホームエディションとケノンではVIOの脱毛できる範囲がそもそも変わってきます。

 

脱毛ラボホームエディションVIOすべて脱毛できるのに対して、ケノンVのみ対応していてIゾーンとOゾーンの脱毛はできません

 

脱毛ラボホームエディションとケノンの本体価格は大差がありません。

 

しかし、脱毛できるVIOは大きく変わってきます。

 

VIOすべて脱毛したい!という方には絶対に脱毛ラボホームエディションがオススメです。

 

脱毛できる回数

 

脱毛ラボホームエディション 30万発
ケノン 50万発

 

照射できる回数だけでみるとケノンが50万発、脱毛ラボホームエディションが30万発でケノンのほうが照射できる回数が多いです。

 

では、照射できる回数で全身脱毛が何回できるかということなんですけど、脱毛ラボホームエディションの公式サイトを見たら30万回の照射全身脱毛300回分相当に書いてありました。

脱毛ラボホームエディションで脱毛できる回数

 

4割のお客さんが4回で効果を実感できたという口コミがあります。

 

ケノンだとカードリッジが交換できるからケノンがいいのかな~と思っていたのですが、脱毛ラボホームエディションなら300回全身脱毛ができるし、業務用パワーだから別にカードリッジの心配をしなくていい脱毛ラボホームエディションがいいのでは?と思いました。

VIOの脱毛を考えているのであれば脱毛ラボホームエディションがオススメ

ここまでVIOを脱毛できる脱毛器にフォーカスを当てて紹介してきました。

 

なんとなく、脱毛ラボホームエディションとケノンでのVIO脱毛の違いが分かりましたでしょうか?

 

こちらで各脱毛でVIOを脱毛できるか詳しく書かれていますので参考にしてみてください。

 

ちなみに私はVIO脱毛がしたかったので脱毛ラボホームエディションにしました。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

\キャンペーンサイト限定特典付き/

脱毛ラボホームエディション

page top